キングダム 796話 ネタバレ|番吾城は落ちるのか?李牧の仕掛けとは?

キングダム 796話: 発売日

キングダム796話は、2024 年5 月16日(木)発売のヤングジャンプ号に掲載予定です。ただし!キングダム は、2024年5 月13日kingdomraw.orgに間もなく投稿される (リーク) と予想されています

キングダム 795話: 要約とレビュー

王翦軍は青歌軍に徹底的に掃討されています。

李牧は報告を受けた時に、王翦将軍を討ち取ることに成功すれば、青歌が再び参戦する必要が出ることは無くなると思考しています。

それだけ王翦将軍の存在は秦が中華統一をする面で重要であると李牧は考えているということですね!

当然、王翦将軍が討ち取られたという報告は李牧のもとに入っていません。

👉今すぐ読む: キングダム796話 RAW – Kingdom 796 RAW

王翦将軍の側近たちもそうですが、王翦将軍が生き残ることによる影響を周りは思った以上に大きく考えているようです。

李牧は王翦将軍を討つべく、徹底的に掃討戦を行っているので、巻き添えで他の有力な武将が討ち取られないか心配ですね!

敗走中の王翦軍の元に亜花錦が三百の援軍を連れて現れました。

三百と聞くと少ないように思いますが、右翼の状態を考えると限界の兵数を出しているように思います。

亜花錦は王翦軍が向かっていく方向から現れたため、一度は皆を驚かせました。

しかし、これは亜花錦の機転によるものでした。

王翦軍をもう救えないと思った亜花錦は王翦軍が退却してくるのを外で待っていたようです。

Manga Fans Need to Read One Piece's TRUE Rival

キングダム 796話: ネタバレと予想

キングダム796話展開予想考察|キタリの状況について

キタリが番吾城に向かったのは楊端和の命令ではなく、壁救出のための独断専行だったと思いますが、手勢はメラ族のみ…

楊端和はキタリの行動を予測していたようですが、おそらく止めても無駄だというような思いもあったのではないかと思います…

これがまだ戦況が膠着状態になっているような感じならよかったわけですが、今は総大将が敗走し、全軍退却という状況になったわけですから、キタリは壁救出を諦め、一刻も早く楊端和に合流すべきところだと思いますが…

キタリもまさか既に戦に負けているとは全く考えていないでしょう…

本戦のドサクサに紛れて番吾城を落とし、壁を救出する腹づもりだったかと思います。

既に城壁にはメラ族の戦士達がとりつき、もうすぐ城門が開かれるというような状況…

そこに王翦敗走のために全軍退却という指示が届いたとして、すぐそこに壁がいるというような状況でアッサリと諦められるほど、キタリが物分かりのいい性格だとは思えないですし、今をおいて壁を救うチャンスは無いとも考えるでしょう…

しかし、退却するにも、キタリ達は今一番困難な状況にありますよね…

先程書かせていただいたように、今回負けてしまったなら、次に壁を救出するようなチャンスはいつ巡ってくるかわからない…

もしかしたら、そうしているうちに壁は衰弱して死ぬか、処刑されてしまうかも知れないと普通は考えるでしょう…

だとしたら、キタリはやはり敗北を知ったとしても、今を諦めることなどできないのではないでしょうか?

キタリは無理を承知でそのまま壁を救出しようとするのではないかと思いますね…

HD wallpaper: houken, manga, anime, Kingdom | Wallpaper Flare

キングダム796話展開予想考察|壁達は決起するのか?

壁は番吾城には李牧が何か仕掛けをしているみたいな事を言っていましたが、一応キタリ達は城攻めに成功しそうな雰囲気ではありますし、壁は部下達と城内で決起するというような事も言っていましたよね…

壁達はかなり衰弱していて、おそらく今のまま強制労働の日々を送れば遠からず全員が死んでしまう事は頭に必ずあるはず…

救出にきてくれたなら、それに呼応する形で城内で決起し反乱を起こした方が助かる可能性は高いですよね…?

衰弱し、武器もないわけですから元気な敵兵と戦うのは非常に厳しいわけですが、壁達は奴隷や囚人というような状態のまま死んでいくより武人として戦って死ぬ事を選ぶのではないでしょうか…?

また、あれだけ普通に城攻めが行われているわけですから、壁達がそれに気づかないわけないですし、監視も手薄になっているでしょうから監視の兵達から武器を奪って内から城門を開けたり火を放ったりもできるでしょう…

李牧の仕掛けが気になるところですが、城を占拠するのが目的ではなく、逃げる事が目的なわけですし、壁達が決起する事を選んだなら、それは李牧の想定外の事になりそうな気がしますよね…

外部からの攻撃には効果があるが、仕掛けを知っている者が内から呼応するというのは、李牧の想定を超えるような結果につながりそうな気がします!

しかし、そうだとしても大勢の兵達が犠牲になるでしょうね…

また、キタリと合流し、逃げるという事になっても、敵は必ず簡単には逃してくれないでしょう…

楊端和のところまで逃げる事ができたなら、キタリと壁が帰国できる可能性はかなり高くなるでしょうが…

RÉSUMÉ DE L'HISTOIRE DE SHIN - KINGDOM - YouTube

キングダム796話展開予想考察|楊端和は二人を見捨てない?

過去にも書かせて頂いていますが、楊端和は二人を見捨てないと思います。

今回の負けを見て、楊端和も壁救出のチャンスは今しかないという考えを強めているのではないかと思います。

楊端和は退却の目処が立つまで指揮を執ると残るようですが、それはキタリと壁を待つという意味でもあるのではないかと思います。

楊端和はキタリの性格をよく知っているでしょうし、次の救出のチャンスがいつ巡ってくるかわからないという状況を加味すると、やはり、かなりギリギリまで二人を待つのではないかと思います。

しかし、それには舜水樹率いる李牧の側近達からの猛攻に耐えねばならない…

逃げる体力も残しつつという事になるでしょうから非常に困難な事であるわけですが、楊端和の求心力と統率力はずば抜けたものがありますし、楊端和軍はまだほとんど本気で戦っていないでしょうし、消耗も少ない…

また、秦がこの戦で何か爪痕を残すとすると…

既に青歌軍が名将を数人失っていますが、李牧の側近の誰かが討ち死にするというような展開もあるかも知れない…

そろそろ馬南慈あたりが戦死してもおかしくないような気がするのですが…

馬南慈は李牧のカイネに対する想いを口に出させた事により、何だかそれが死亡フラグに見えて仕方ないですし、馬南慈には将来有望な跡目も存在しますよね…

キングダム 796話:どこで読むか

キングダム796は、2024年 5月 13日kingdomraw.orgに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いしす。

👉今すぐ読む: キングダム796話 RAW – Kingdom 796 RAW

結論

Related Posts

キングダム 798話 ネタバレ|倉央は糸凌との再会へ番吾に戻りカンサロを討つ?

キングダム 798話: 発売日 キングダム798話は、2024 年5 月30日(木)発売のヤングジャンプ号に掲載予定です。ただし!キングダム は、2024年5 月27日に「kingdomraw.org」に間もなく投稿される (リーク) と予想されています キングダム 797話: 要約とレビュー 見たところ、番吾城は城壁都市というよりも、城塞や砦のような景観を持った城だと思います。そのため、守るよりも攻めに転じることが容易にできる構造だと見えます。 逆に言えば、捕虜となった者たちにとっても、外に出やすい、つまり脱出しやすい城とも言えるでしょう。 壁と落ち合ったキタリにとっては、番吾城に用はないはずです。何もかも置いて、早々に脱出し、予め計画していた狼孟城に向かうと思われます。 👉今すぐ読む: キングダム797話 RAW – Kingdom 797 RAW 頭佐平原の戦いから脱出した楊端和軍本軍が狼孟まで撤退したことは、かなり考えられる展開だと思います。さらに、そこを拠点としてキタリ率いるメラ族を援護したこともありそうで、そうなれば楊端和軍が番吾城を攻めたというのも、史実に照らし合わせると大いにあり得ることだと思います。 では、結果として番吾の戦いが敗戦になった場合、どこまでの領土を保持できたか…それは楊端和が全線基地とした狼孟までだと考えます。 楊端和と李信の間で、ある作戦の密約が結ばれていたのではないでしょうか? 狼孟城を拠点とした楊端和と、国境の要衝太原に根を置いた飛信隊。 やることは当然2つあります…まず一つは壁将軍とその軍の救出、そして番吾城の占拠です。…

キングダム797話 RAW 【 Kingdom 797 RAW FREE 】 

キングダム797話 RAW – 早ければ「kingdomraw.org」に更新される予定です。最新情報については、引き続き当社の Web サイトをご覧ください。 👉今すぐ読む:キングダム797話 RAW 【 Kingdom 797 RAW FREE 】   随時更新していきますのでブックマークをお願いしす アップデートを開始します。 ページを更新して読んでください。 👉今すぐ読む: キングダム 796話 RAW  – Kingdom 796 RAW  キングダム797raw, キングダム…

キングダム 797話 ネタバレ|キタリが番吾城で壁を救出も李牧の包囲網が二人を襲う!

キングダム 797話: 発売日 キングダム797話は、2024 年5 月23日(木)発売のヤングジャンプ号に掲載予定です。ただし!キングダム は、2024年5 月21日に「kingdomraw.org」に間もなく投稿される (リーク) と予想されています キングダム 796話: 要約とレビュー 番吾城に向かって戦闘態勢を整えたキタリに、果たしてこの突撃が成功する見込みはあるのだろうか。メラ族のために何をすべきか…。兄であるカタリから叩き込まれたキタリは、この状況を亡き兄に誇れるだろうか。 趙国の大城壁を相手に、一部族だけで攻略できるはずもないことは明らかだ。それでも壁の救出に一族を連れて火中に身を投じたのは、何かしらの期待があったのかもしれない。 👉今すぐ読む: キングダム797話 RAW – Kingdom 797 RAW しかし、あまりの兵力差にメラ族はたとえ奮戦したとしても壊滅の危機は避けられないだろう。その時、キタリが兄のカタリに語りかける何かを持っている…それは楊端和との信頼関係なのかもしれない。 たとえ秦国軍が番吾の戦で敗れたとしても、楊端和がキタリを見捨てることはない。さらに、壁が番吾城で捕虜となっていることも楊端和は部下と共有しているはずだ。 この番吾の敗戦は、開戦早々に決着がついたため、趙右翼の舜水樹軍とは戦火を交えることなく、無傷で済んだと言っても良い状況でもある。 キングダム 797話: ネタバレと予想…

キングダム 797話 ネタバレ|番吾城脱出と楊端和軍への合流は!?

キングダム 797話: 発売日 キングダム797話は、2024 年5 月23日(木)発売のヤングジャンプ号に掲載予定です。ただし!キングダム は、2024年5 月21日に「kingdomraw.org」に間もなく投稿される (リーク) と予想されています キングダム 796話: 要約とレビュー 秦右翼軍組みした北東部軍は飛信隊とそこに太行山脈の東側、山間の太原城を目指すものと思われます。 北東部軍にとっては自らのの本拠地でもある太原は秦国による趙攻めの最前線の要塞として難攻不落の城であると思われます。 また隣接する狼孟城には山の民楊端和軍が入城した事から、敵の戦力を別つ目的も有ったのかもしれません。 👉今すぐ読む: キングダム797話 RAW – Kingdom 797 RAW しかしこの決断が当たりました…不落の要塞に布陣した事により李信にとっては兄貴分に当たる壁の救出が現実味を帯びてきたようです。 番吾の戦に負けた結果、趙攻略の東側最前線に狼孟城に布陣する楊端和軍と太原に陣取る飛信隊の共同戦線が出来上がりました。 ここでキングダム最初の物語でもある王弟の反乱編の時と同じ…信と山の民の連携が出来上がりました? そして攻め入る目的は、その当時から秦王嬴政が掲げる理想の国家を作り上げるために共に戦って来た壁の救出です。 キタリ率いるメラ族だけでは心許なかった番吾城攻略が、楊端和軍と飛信隊の共同戦線で現実味を帯びてきました。…

キングダム 797話 ネタバレ|番吾城からの退却・キタリたちは生き残れるのか?

キングダム 797話: 発売日 キングダム797話は、2024 年5 月23日(木)発売のヤングジャンプ号に掲載予定です。ただし!キングダム は、2024年5 月21日に「kingdomraw.org」に間もなく投稿される (リーク) と予想されています キングダム 796話: 要約とレビュー メラ族へのキタリの戦闘態勢の叫び声に呼応するかのように次々と番吾兵たちが城壁を降りてきました。 おそらく番吾城内は秦国軍襲来に騒然となり、戦争準備と女子供として老人の避難に慌ただしさの中で人々が行き交っているものと思われます。 その騒然とした雰囲気は牢兵たちを通じてか、捕虜となっている壁軍の生き残りにも伝わっていくものと思われます。 👉今すぐ読む: キングダム797話 RAW – Kingdom 797 RAW その戦い勃発の雰囲気の中で将軍壁は、たとえ弱り切った身体でも戦闘意欲を掻き立て味方の声を聞こうとするのではないか…そして城壁に近ずくキタリの猛々しくも懐かしい叫び声を聞くのではないでしょうか? 番吾城を狙うメラ族率いるキタリの目的はただ一つ、捕らわれの身となっている壁の救出であることは明らかです。 しかし巨大な城壁を落とすにはキタリが率いる軍勢ではあまりにも数が不足している事は否めないでしょう。 たとえ楊端和がキタリを見捨てなかったとしても援軍が来るまでにはかなりの時間タイムロスがあることが予想されます。 キングダム…

キングダム 797話 ネタバレ|秦に生還した者たち!

キングダム 797話: 発売日 キングダム797話は、2024 年5 月23日(木)発売のヤングジャンプ号に掲載予定です。ただし!キングダム は、2024年5 月21日に「kingdomraw.org」に間もなく投稿される (リーク) と予想されています キングダム 796話: 要約とレビュー キタリが番吾城に向かったのは楊端和の命令ではなく、壁を救出するための独断専行だったみたいだけど、連れて行ったのはメラ族だけだね。 楊端和はキタリの行動を予測していたみたいだけど、おそらく止めても無駄だって思ってたんじゃないかな。 これがまだ戦況が膠着状態だったらよかったんだけど、今は総大将が敗走して、全軍退却の状況だから、キタリは壁救出を諦めて、一刻も早く楊端和に合流すべきなんじゃないかと思う。 👉今すぐ読む: キングダム797話 RAW – Kingdom 797 RAW でもキタリはまさかもう戦に負けてるなんて全く考えてないだろうね。 本戦のドサクサに紛れて番吾城を落とし、壁を救出するつもりだったんだろうな。 すでに城壁にはメラ族の戦士たちが取り付いて、もうすぐ城門が開かれるって状況だし。 そこに王翦敗走のために全軍退却の指示が届いたとして、すぐそこに壁がいるって状況であっさり諦められるほど、キタリが物分かりのいい性格だとは思えないし、今を逃すと壁を救うチャンスはないとも考えるだろうね。 でも、退却するにも、キタリたちは今一番困難な状況にあるよね。…

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *