キングダム 785話 ネタバレ|王翦は部下の力を信じ抜く?信は李牧の想像を超えられるのか?

キングダム 785話: 発売日

キングダム785話は、2024 年1 月25日(木)発売のヤングジャンプ54号に掲載予定です。ただし!キングダム は、2024年1 月22日kingdomraw.orgに間もなく投稿される (リーク) と予想されています

キングダム 784話: 要約とレビュー

以前解説した「王翦の意図的な撤退」について、それは昌平君と王翦の作戦だったと予測します。

番吾の戦いでは、北東部軍が軍の大部分を占めています。その数はなんと20万にも達し、そのうち5万は王翦軍や楊端和軍などの自軍です。

ここで疑問に思うのは、初めての同盟者を使うという戦略を李牧との戦いで採用する理由です。

もし同盟者が25万の軍のうち5万だった場合、それを後方支援に回したりといった対策で問題は解決できるでしょう。しかし今回は20万の北東部軍という異例の状況です。

👉今すぐ読む: キングダム784話 RAW – Kingdom Chapter 784 RAW

👉今すぐ読む: キングダム785話 RAW 【 Kingdom 785 RAW FREE 】 

宜安攻めの際、北東部軍20万が東進できていれば成功したと言われています。しかし狼孟軍の奇襲により、この軍は西へと退却し、戦闘にほとんど参加することなく終わってしまいました。

宜安攻めの失敗を負担した北東部軍の高い士気を活かした採用は、昌平君も知っているはずです。昌平君と王翦、両方とも賢明な戦略家ですので、この作戦に見逃しはないと思います。

この状況で考えられるのは、昌平君と王翦による極秘の作戦だった可能性です。

敢えて敗北し、王翦が李牧に打ち勝ってもらい、趙国が李牧を讃え、国民の信頼を李牧に高めさせるまで待つ作戦です。その後、王翦が郭開を利用して趙王に不信感を持たせ、最終的に李牧を処刑する流れだと考えられます。

Kingdom Season 2 (English Dub) A New Legend - Watch on Crunchyroll

キングダム 785話: ネタバレと予想

キングダム785話展開予想考察!|信と河了貂達は間に合うのか?

信と河了貂率いる一万は右翼に戻らず、直接王翦本陣に向けて大返しすることになったけど、戦況を見るに間に合うのかと考えると客観的に見て不可能に思えるよね…

李牧はかなりの距離を逃げ切ったと思うし、信たちが砦攻めの最中に李牧の罠に気づいて引き返すことさえも想定していた。常識では間に合わないような場所に砦を築いていた可能性は高いと思うよ。

平地が続いていそうだし、敵地だから地理にも疎いだろうから、近道などはないでしょうね…

単純に馬を全力で走らせても歩兵たちが追いついてこれないし、砦までに体力を使っているし、砦攻めの疲労も重なっている…

信たちが李牧の想定を遥かに上回るようなスピードと体力を持っていれば間に合う可能性はありそう…

常識的に間に合わない状況で間に合うには、河了貂が言っていたように王翦軍が李牧の想定を上回る奮闘を見せてくれることに期待するしかないわけだけど、信と河了貂は王賁が飛信隊の加勢に来てくれるのを信じきっていたように、王翦軍が奮闘してくれるのを確信しているように感じられる…

また、このまま行けば信は司馬尚に会えないまま戦が終わってしまいそうだけど、それは展開としてあり得ないように思えるよね…

司馬尚の刃が王翦に届くかというようなタイミングで信が間に合うというような展開になるような気がするけど、それもかなり希望的観測と言えるかも…

でも、やっぱり信はどういう形かでも司馬尚と一度は刃を交えることにはなると思うよ!

また、亜光と糸凌が気になりますよね…!

キングダム785話展開予想考察!|亜光と糸凌はどうなる?

亜光が楽彰と熱戦を繰り広げているみたいだけど、満身創痍の中で楽彰の片目をつぶすのに成功したね!

成功というより、頭を切り飛ばそうとしてかわされて浅かった感じ…

おそらく亜光は元気なら楽彰より強いと感じられるけど、今は正直なところ精神力だけで持ちこたえているみたいで、少しでも気を緩めばそのまま動けなくなるほどにダメージと疲労が蓄積しているはず…

アドレナリンが過剰分泌されて麻痺しているだけだと思うよ。

最初の犠牲者になりそうな雰囲気から今まで持ちこたえているのは亜光の強さの証明だと思うけど、何だか亜光は楽彰と相討ちになりそうな気がするね…

仮に楽彰を討ち取るにしても、王翦軍がまた全軍を逃すために殿を引き受けて果てそうな気がじす…

糸凌も相当ヤバそうな雰囲気…

元々ジ・アガとは互角に渡り合うことが多く、ジ・アガの方が上だと感じるし、そこにカン・サロまで相手にするのは無理が過ぎるように思う。

司馬尚が本陣に迫る状況で倉央を本陣に向かわせるための犠牲になっているけど、倉央は糸凌を置いていけるのかな?

指揮官として個人的な感情に囚われているような状況ではないだろうけど、倉央はカン・サロとジ・アガの強さも見ているだけに、糸凌を置いて行けばもう二度と生きて糸凌には会えないと思っているんじゃないかな…

個人的に、糸凌は二将を相手にして、二将を負傷させてジ・アガを戦闘不能にするような形で討ち死にという感じになるのではないかと思っている。

できれば元々の相手であるジ・アガを討ち取らせてあげたいけど…

Kingdom-2-31-1 - Lost in Anime

キングダム785話展開予想考察!|王翦は部下達を信じ抜く?

王翦は司馬尚に立ち向かっているけど、なんか特に目立った動きはないよね…

なんか正攻法で部下たちを信じて戦っている感じがする。

司馬尚軍の攻撃力はめちゃくちゃ強力だけど、その力の源は近衛隊にあるってことで、それを削ぎ落とすことで弱体化を狙っているっぽいけど、でも結局本陣は兵力不足…

部下たちが後方から司馬尚軍を叩くなどの助太刀に来てくれることを信じて、また部下たちなら司馬尚軍に打撃を与えて足を止めたり撃退することができると信じているみたいな感じがする…

名将ってのは部下を信じて、それによって部下たちから慕われ部下たちが死力を尽くせるものだけど、ここから王翦のそういう側面が描かれていくのかもしれない?

王翦は確かに凄い才能を持った名将だけど、亜光たちがそんなに篤い忠誠心を抱いているのは、やっぱり王翦が人柄的にも名将だからだろうと思える…

人って才能ある人に憧れるものだけど、王翦はそれだけじゃなくて、やっぱり本当に王の器を持つ傑物だと思うから、もしかしたら、今回の戦いで王翦の戦略よりも優れた人を活かすような才能が明らかになるかもしれないね…

それが、李牧がこの戦いで王翦の首を取るという目的を果たせない最大の要因になってくるのかもしれないけど…

キングダム 785話:どこで読むか

キングダム785は、2024年 1 月 22日kingdomraw.orgに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いしす。

👉今すぐ読む: キングダム784話 RAW – Kingdom Chapter 784 RAW

👉今すぐ読む: キングダム785話 RAW 【 Kingdom 785 RAW FREE 】 

結論

関連名

Kingdom 785
Karalystė 785
المملكة 785
پادشاهی 785
کینگدام 785
キングダム 785
王者天下 785

Related Posts

キングダム 798話 ネタバレ|倉央は糸凌との再会へ番吾に戻りカンサロを討つ?

キングダム 798話: 発売日 キングダム798話は、2024 年5 月30日(木)発売のヤングジャンプ号に掲載予定です。ただし!キングダム は、2024年5 月27日に「kingdomraw.org」に間もなく投稿される (リーク) と予想されています キングダム 797話: 要約とレビュー 見たところ、番吾城は城壁都市というよりも、城塞や砦のような景観を持った城だと思います。そのため、守るよりも攻めに転じることが容易にできる構造だと見えます。 逆に言えば、捕虜となった者たちにとっても、外に出やすい、つまり脱出しやすい城とも言えるでしょう。 壁と落ち合ったキタリにとっては、番吾城に用はないはずです。何もかも置いて、早々に脱出し、予め計画していた狼孟城に向かうと思われます。 👉今すぐ読む: キングダム797話 RAW – Kingdom 797 RAW 頭佐平原の戦いから脱出した楊端和軍本軍が狼孟まで撤退したことは、かなり考えられる展開だと思います。さらに、そこを拠点としてキタリ率いるメラ族を援護したこともありそうで、そうなれば楊端和軍が番吾城を攻めたというのも、史実に照らし合わせると大いにあり得ることだと思います。 では、結果として番吾の戦いが敗戦になった場合、どこまでの領土を保持できたか…それは楊端和が全線基地とした狼孟までだと考えます。 楊端和と李信の間で、ある作戦の密約が結ばれていたのではないでしょうか? 狼孟城を拠点とした楊端和と、国境の要衝太原に根を置いた飛信隊。 やることは当然2つあります…まず一つは壁将軍とその軍の救出、そして番吾城の占拠です。…

キングダム797話 RAW 【 Kingdom 797 RAW FREE 】 

キングダム797話 RAW – 早ければ「kingdomraw.org」に更新される予定です。最新情報については、引き続き当社の Web サイトをご覧ください。 👉今すぐ読む:キングダム797話 RAW 【 Kingdom 797 RAW FREE 】   随時更新していきますのでブックマークをお願いしす アップデートを開始します。 ページを更新して読んでください。 👉今すぐ読む: キングダム 796話 RAW  – Kingdom 796 RAW  キングダム797raw, キングダム…

キングダム 797話 ネタバレ|キタリが番吾城で壁を救出も李牧の包囲網が二人を襲う!

キングダム 797話: 発売日 キングダム797話は、2024 年5 月23日(木)発売のヤングジャンプ号に掲載予定です。ただし!キングダム は、2024年5 月21日に「kingdomraw.org」に間もなく投稿される (リーク) と予想されています キングダム 796話: 要約とレビュー 番吾城に向かって戦闘態勢を整えたキタリに、果たしてこの突撃が成功する見込みはあるのだろうか。メラ族のために何をすべきか…。兄であるカタリから叩き込まれたキタリは、この状況を亡き兄に誇れるだろうか。 趙国の大城壁を相手に、一部族だけで攻略できるはずもないことは明らかだ。それでも壁の救出に一族を連れて火中に身を投じたのは、何かしらの期待があったのかもしれない。 👉今すぐ読む: キングダム797話 RAW – Kingdom 797 RAW しかし、あまりの兵力差にメラ族はたとえ奮戦したとしても壊滅の危機は避けられないだろう。その時、キタリが兄のカタリに語りかける何かを持っている…それは楊端和との信頼関係なのかもしれない。 たとえ秦国軍が番吾の戦で敗れたとしても、楊端和がキタリを見捨てることはない。さらに、壁が番吾城で捕虜となっていることも楊端和は部下と共有しているはずだ。 この番吾の敗戦は、開戦早々に決着がついたため、趙右翼の舜水樹軍とは戦火を交えることなく、無傷で済んだと言っても良い状況でもある。 キングダム 797話: ネタバレと予想…

キングダム 797話 ネタバレ|番吾城脱出と楊端和軍への合流は!?

キングダム 797話: 発売日 キングダム797話は、2024 年5 月23日(木)発売のヤングジャンプ号に掲載予定です。ただし!キングダム は、2024年5 月21日に「kingdomraw.org」に間もなく投稿される (リーク) と予想されています キングダム 796話: 要約とレビュー 秦右翼軍組みした北東部軍は飛信隊とそこに太行山脈の東側、山間の太原城を目指すものと思われます。 北東部軍にとっては自らのの本拠地でもある太原は秦国による趙攻めの最前線の要塞として難攻不落の城であると思われます。 また隣接する狼孟城には山の民楊端和軍が入城した事から、敵の戦力を別つ目的も有ったのかもしれません。 👉今すぐ読む: キングダム797話 RAW – Kingdom 797 RAW しかしこの決断が当たりました…不落の要塞に布陣した事により李信にとっては兄貴分に当たる壁の救出が現実味を帯びてきたようです。 番吾の戦に負けた結果、趙攻略の東側最前線に狼孟城に布陣する楊端和軍と太原に陣取る飛信隊の共同戦線が出来上がりました。 ここでキングダム最初の物語でもある王弟の反乱編の時と同じ…信と山の民の連携が出来上がりました? そして攻め入る目的は、その当時から秦王嬴政が掲げる理想の国家を作り上げるために共に戦って来た壁の救出です。 キタリ率いるメラ族だけでは心許なかった番吾城攻略が、楊端和軍と飛信隊の共同戦線で現実味を帯びてきました。…

キングダム 797話 ネタバレ|番吾城からの退却・キタリたちは生き残れるのか?

キングダム 797話: 発売日 キングダム797話は、2024 年5 月23日(木)発売のヤングジャンプ号に掲載予定です。ただし!キングダム は、2024年5 月21日に「kingdomraw.org」に間もなく投稿される (リーク) と予想されています キングダム 796話: 要約とレビュー メラ族へのキタリの戦闘態勢の叫び声に呼応するかのように次々と番吾兵たちが城壁を降りてきました。 おそらく番吾城内は秦国軍襲来に騒然となり、戦争準備と女子供として老人の避難に慌ただしさの中で人々が行き交っているものと思われます。 その騒然とした雰囲気は牢兵たちを通じてか、捕虜となっている壁軍の生き残りにも伝わっていくものと思われます。 👉今すぐ読む: キングダム797話 RAW – Kingdom 797 RAW その戦い勃発の雰囲気の中で将軍壁は、たとえ弱り切った身体でも戦闘意欲を掻き立て味方の声を聞こうとするのではないか…そして城壁に近ずくキタリの猛々しくも懐かしい叫び声を聞くのではないでしょうか? 番吾城を狙うメラ族率いるキタリの目的はただ一つ、捕らわれの身となっている壁の救出であることは明らかです。 しかし巨大な城壁を落とすにはキタリが率いる軍勢ではあまりにも数が不足している事は否めないでしょう。 たとえ楊端和がキタリを見捨てなかったとしても援軍が来るまでにはかなりの時間タイムロスがあることが予想されます。 キングダム…

キングダム 797話 ネタバレ|秦に生還した者たち!

キングダム 797話: 発売日 キングダム797話は、2024 年5 月23日(木)発売のヤングジャンプ号に掲載予定です。ただし!キングダム は、2024年5 月21日に「kingdomraw.org」に間もなく投稿される (リーク) と予想されています キングダム 796話: 要約とレビュー キタリが番吾城に向かったのは楊端和の命令ではなく、壁を救出するための独断専行だったみたいだけど、連れて行ったのはメラ族だけだね。 楊端和はキタリの行動を予測していたみたいだけど、おそらく止めても無駄だって思ってたんじゃないかな。 これがまだ戦況が膠着状態だったらよかったんだけど、今は総大将が敗走して、全軍退却の状況だから、キタリは壁救出を諦めて、一刻も早く楊端和に合流すべきなんじゃないかと思う。 👉今すぐ読む: キングダム797話 RAW – Kingdom 797 RAW でもキタリはまさかもう戦に負けてるなんて全く考えてないだろうね。 本戦のドサクサに紛れて番吾城を落とし、壁を救出するつもりだったんだろうな。 すでに城壁にはメラ族の戦士たちが取り付いて、もうすぐ城門が開かれるって状況だし。 そこに王翦敗走のために全軍退却の指示が届いたとして、すぐそこに壁がいるって状況であっさり諦められるほど、キタリが物分かりのいい性格だとは思えないし、今を逃すと壁を救うチャンスはないとも考えるだろうね。 でも、退却するにも、キタリたちは今一番困難な状況にあるよね。…

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *